menu

イベント情報

京都展に関するイベントは全て終了いたしました。

記念講演会 「禅における〈心〉のかたち」

日時
4月16日(土)13:30-15:00
講師
花園大学国際禅学研究所 所長 野口 善敬氏
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

講演会 「禅と水墨画 雪舟と白隠を中心として」

日時
4月24日(日)13:30-15:00
講師
明治学院大学 教授
山下 裕二氏
臨済宗妙心寺派龍雲寺
住職 細川 晋輔師
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

関連土曜講座

日時・
タイトル・
講師 
① 4月23日(土)「禅画と墨蹟-近世の禅林美術-」
         
花園大学文学部 教授 福島 恒徳氏
② 4月30日(土)「頂相彫刻(ちんそうちょうこく)の特質」
         
京都国立博物館 企画室長 浅見 龍介
③ 5月  7日(土)「仏師の古文書」
         
京都国立博物館 主任研究員 羽田 聡
④ 5月14日(土)「喫茶の広まりと寺院」
         
京都国立博物館 研究員 降矢 哲男
⑤ 5月21日(土)「画僧の系譜─明兆から雪村まで─」
         
京都国立博物館 上席研究員 山本 英男

いずれも13:30〜15:00
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

四頭茶会 −禅院の茶礼

日時
5月3日(火・祝)13:30-15:00
協力
臨済宗大本山 建仁寺
内容
四頭茶会(よつがしらちゃかい)は、正客4人とそれぞれ8人ずつの相伴客、4列で計36人をもてなすための特別な喫茶儀礼。茶祖とされている栄西禅師を開山(創建者)とする建仁寺で毎年4月20日に行われる四頭茶会を再現・実演し、その礼儀作法を解説します。
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

声明-禅の祈り

日時
① 4月29日(金・祝)13:30-14:30
協力
黄檗宗大本山 萬福寺
日時
② 5月8日(日)13:30-14:30
協力
臨済宗大本山 相国寺
内容
声明(しょうみょう)とは、僧侶がお経や回向文に節をつけて奏でる仏教音楽の一つで、儀礼の際に行われます。禅寺では梵唄(ぼんばい)ともいいます。萬福寺の声明は、中国・明の時代の影響を色濃く残した独特な音色で、鐘や太鼓などの鳴物とも合わせてダイナミックに奏でられます。相国寺の声明は、中国・元朝(げんちょう)風の美しい曲節が有名で、「相国寺の声明面(しょうみょうづら)」と評されています。
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日12:00に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

狂言 「にせ地蔵/でんでん虫」

日時
5月15日(日)① 11:00-12:00「にせ地蔵」
       ② 14:00-15:00「でんでん虫」
協力
千本ゑんま堂大念佛狂言保存会
内容
狂言や能は禅の影響を深く受け、室町時代に花開いた文化です。「にせ地蔵」は、お地蔵様に変装してお供え物を奪い、ひともうけをたくらむ二人の男の話。「でんでん虫」は、高齢になった伯父の長寿の薬に、でんでん虫の黒焼きが良いと聞いた大名から、でんでん虫を捕まえに行かされた使いの者の珍道中の話です。
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日各プログラム開始1時間30分前に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

坐禅会(イス坐禅+講話)

日時
① 4月17日(日)
② 4月21日(木)
③ 5月1日(日)
④ 5月5日(木・祝)
⑤ 5月12日(木)
⑥ 5月19日(木)

日・祝:11:00−12:00、14:00−15:00
平日:14:00−15:00
協力
臨済宗黄檗宗連合各派合議所
内容
正式な坐禅は、畳に座布団を敷いて足を組み、半眼(目を半分開いた状態)で坐相(姿勢)と呼吸を調えて行いますが、イス坐禅はイスに座った状態で足を組まずに行うため、家庭やオフィスなど、場所を選ばずどこでも簡単に実践できる坐禅の方法です。本イベントでは、禅宗の僧侶が正しい坐禅の組み方や心の調え方をご説明するとともに、禅の心や教えを仕事や日常に活かして豊かな生活を過ごす方法などについてお話しします。坐禅を組んで、体と呼吸と心を調えよう!
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館講堂、定員180名
参加方法
当日各プログラム開始1時間30分前に、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、終了します。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

ロビー講話

日時
毎週火曜日:11:00、13:00、15:00
毎週金曜日:11:00、13:00、15:00、17:00
各回15~20分
※4月29日(金・祝)のみ、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、17:00
協力
臨済宗黄檗宗連合各派合議所
内容
禅宗の僧侶が、禅の歴史や文化をはじめ、禅の心や教えを仕事や日常に活かして豊かな生活を過ごすための方法などについてお話しします。
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館1階グランドロビー西側、定員30~50名。
参加方法
当日プログラム開始時間に、1階グランドロビー西側にお集まりください。スペースに限りがございますので、あらかじめご了承ください。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

ワークショップ “くじ”で出会う 禅のことば

日時
会期中毎日 10:30~16:00 (参加受付は15:45まで)
※所要時間 15分程度
解説
京博ナビゲーター
内容
くじ引きで「禅のことば」にふれてみませんか?偶然の出会いはあなたの心にどのように響くでしょうか。(子どもから大人までどなたでも参加できます)
会場・定員
京都国立博物館 平成知新館2F ミュージアムラボラトリー、先着150名
参加方法
先着順。参加無料(ただし、本展覧会の当日観覧券が必要です)。

日経 ウーマノミクスセミナー 「禅のこころ」~自信をつけるこころの整理術~

日時
4月21日(木)18:30-20:00
講師
臨済宗大徳寺派真珠庵 住職 山田 宗正師
内容
キャリアアップ・結婚・出産・育児など働く女性の人生にはいくつも転機があります。さまざまな場面で判断を迫られ、日々の仕事や生活に追われながら悩みを抱えている方も多いようです。今回のセミナーでは、とんちで有名な「一休さん」こと一休禅師を開祖とする京都・大徳寺の塔頭(たっちゅう)寺院、真珠庵住職の山田宗正師を講師に迎えます。 山田氏は形式にとらわれない一休禅師の流れを汲む禅を通じて多くの人々と交流し、自由に生きるこころを説いておられます。禅というと堅苦しく感じられるかもしれませんが、あるがままにこころ豊かに生きる大切さに触れ、明日からの元気の源を見付けに来ませんか?
詳細・参加方法

ページトップへページトップへ